HOME > 代表者ご挨拶・略歴

代表者ご挨拶

酒井秀夫

 最近、コンサルティングやプロジェクトマネジメントを実施していく中で、企業の中で、組織の壁、さらに言えば「断絶」が起きていることを感じます。
 経営と現場の断絶はもとより、部門間の断絶、管理職と部下との断絶、職種間の断絶、若手とベテラン層との断絶など、あらゆるところで、相互のコミュニケーションが上手くいっていないケースがみられます。
 なぜ、お互いが歩みよれないのか?なぜ、相手の話を理解しようとしないのか?外部から見ると不思議なことなのですが、これらの断絶が起きる理由は、「多様性がないことによる個人、組織の思い込み」ではないかと私は考えています。昔ながらの価値観の中で「皆が、自分と同じ価値観を持ち、同じように働くべきだ」と考えている人が多い組織は、働き方も多様になり、考え方も多様な近年の世の中についていけないのではないかという危機感を私は感じています。
 企業がより成長するためには、全社課題をいち早く発見し、解決していくことが必要です。特に大企業においては、「答えは組織の中にある」ケースも多くあり、社内外でのコミュニケーションを密にすれば解決する話も多数あります。したがって、企業にとって重要なのは、自分と違う価値観を持つ人材の言動を理解して、お互いが同じ方向を向いて課題解決に取り組む舞台を整えることです。これは困難なことではありますが、その第一歩は、組織の内外の人材を活用しながら多様性を確保することではないかと感じております。
 おかげさまで、当社のコンサルティングスタッフの過半数は女性であり、また、当社の関連企業は盛岡、仙台、大分という拠点を持つ地方本社の会社であります。彼ら、彼女らの考え方や生き方は、従来型日本企業における東京本社の男性管理職の考え方とは異なります。今後の企業の発展には、かかる従来とは違う人材の活用こそが必要だと私は確信しております。
 HSパートナーズは、「多様な人材を活用することにより、顧客に確かなValue(価値)を提供する」という企業理念のもと、大企業から中小企業まで、現場に近いコンサルティングを実施してまいりました。当社としても、顧客に多様性を提供するとともに、多様性を生かしたValueを今後とも提供していきたいと考えております。
 今後とも引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

平成30年1月
代表取締役 酒井秀夫

代表者略歴

1995年 東京大学法学部卒業後、通商産業省(現 経済産業省)入省
  • 産業政策、情報政策等の企画立案に従事
2002年 べインアンドカンパニー 入社
  • 自動車産業、情報産業その他大企業の事業戦略、
    コスト削減、組織・人事、営業戦略等のコンサルティング
2004年 ウッドランド(現 フューチャーアーキテクト入社)
  • 官公庁、事業会社向けコンサルティングを実施
  • 企業買収を手がけ、当該買収企業の役員に就任
2006年 アセンディア代表取締役社長就任
  • ウッドランドグループ再編に伴い会社3社を統合し社長就任
  • その後、企業買収等を通じて事業を拡大、
  • 5年で売上高を3倍以上、赤字企業から営業利益1億円の企業へ
2011年 エイチエスパートナーズ設立 代表取締役社長就任
2013年 イーストライズ株式会社設立 取締役会長就任(現任)
  • 岩手県盛岡市に本社設立
2017年 ライズエイト株式会社設立(イーストライズグループ) 代表取締役社長就任(現任)

▲ページトップに戻る